たんぽぽの里に猫を置き去りにした人の話

捨てられた猫

2012年4月、育生ちゃんが暮らすたんぽぽの里のシェルターがあるビルの前に5千円が入った手紙が添えられて猫が棄てられました。

私はホームヘルパーです。
仕事先の独居老人から、たんぽぽの里に猫をお願いしてくれと頼まれました。

たんぽぽの里の代表・ちょこママさんはblogで、twitterで、手紙を書いた人――猫を棄てた人に連絡をくれるように呼びかけました。
「物事には順番があります。たんぽぽの里はギリギリで保護活動を続けているのです。あなたがここへ猫を棄てていけば、その分保護できるキャパが減り、動物管理センターで殺される猫を助けることができなくなるのです。
あなたが名乗り出てくれれば、相談には応じます。このままでは、センターで順番待ちをしている猫を救うためにあなたが棄てた猫はセンターに連れて行かざるを得なくなります。」
と。
しかし、返ってきた答えはまたもや匿名で届いた速達。そしてそこには驚くべきことが書かれていました。

同封のお金で、病院で楽に死なせてください。
その猫は行き場がないのです。

1万円が添えられていたそうです。

結局、猫(チャップリンリンとスタッフさんが名付けていました)を棄てた人は最後まで名乗り出ようとはせず、全ての責任をたんぽぽの里に押し付けたのです。
猫を愛するちょこママさんもスタッフさんたちも、チャップリンリンをセンターに持ち込むようなことはできず、ましてや健康で何の問題もない猫を安楽死することなどできるはずもなく……足元を見られた形で、チャップリンリンはたんぽぽの里で保護され、この話は終わりました。

とても残念なことに、猫や犬の保護をしている家の前へ犬猫を棄てていくというのはよくあることで、ちっとも珍しい話ではありません。私の知人も友人も、年じゅう家の前に棄てられて困っています。
でも、棄てた後、「相談には乗るから連絡して」という呼びかけに対して、

 そっちが保護しないなら安楽死すればいいんでしょ。
 お金送るから文句ないでしょ、殺してよ。
 そもそも仕事上で頼まれただけなんだし、私は悪くないわよ!


と匿名で逆切れする卑劣な行為が平然とできるような恥知らずな人は初めて見ました。
単なる逆切れじゃなく、脅迫も入ってますけれどね。
「保護しないなら殺せ」
とね。

解決になっていない決着がついた後も、このページを残そうと思ったのは猫を棄てた後に取った行動ゆえです。
せめて、2度とこのようなことが起こらないようにと願うばかりです。

以下、ちょこママさんのblogより、経緯を時系列に沿って転載しています。

緊急通告〜たんぽぽの里に猫を捨てた方へ〜(全文転載)

2012年4月16日(月)
記事元:言葉を話せない動物たちからのSOS 〜殺処分される命を救うために〜
記事URL:http://ameblo.jp/inunekodaisuki/entry-11225015792.html

本日、ホームヘルパーをしていると名乗る方が
たんぽぽの里のシェルターへ猫をすてました。

手紙が添えてありました。

たんぽぽの里へお届けください
当ビル4階
電話番号が書いてありました

私はホームヘルパーです。仕事上の独居の方から、体調が悪く、ねこを育てられないので優しいたんぽぽの里へお願いしてほしいと頼まれました。避妊手術、ワクチン接種、感染症はありません。どうかよろしくお願いします。

5000円が添えられていました。

というものでした。

本日、ツイッターでも書きましたが、
相模原警察から3匹の超ミニサイズの子猫の保護依頼があり、保護しています。
子猫だけで、現状で預りさんに2匹、他15匹は、ちょこママが見ています。

シェルターには保護猫が多くおり、
3月4月の成猫の保護が続いたことで、体調の悪い猫も自宅に移動してケアーをしたり、
被災地から保護猫も続いたり、ムクちゃんのケアーもあっこに頼んでいるような状況で突然の遺棄猫です。

どのような状況があろうが、これは動物遺棄です。
ホームヘルパーで頼まれたにしても、なぜ、連絡もせずに置いていくのか、人としての常識を疑います。

こういった事は必ず、再度おこります。
ホームヘルパーに行っているようなお宅で猫を飼えない状況は多くあり、ここへ捨てればいいと思う事でしょうが、本日、相模原警察から子猫を引き取ったこともあり、遺失物係に相談し相模原の駅前交番に伺いました。

避妊手術、ワクチンがすんでいるのかもわかりません。

ご本人もしくは運んできたは、速やかに、状況把握をするためにご連絡をください。
相模原市保健所には明日、連絡をいたします。
猫を保護する施設≠捨てたら保護してくれる場所
金曜日までにご連絡をいただけない場合は、保健所のほうへ引取りをお願いするしかありません。
その後、センターに収容されることになると思います。

現状で、センターの1匹の猫さんはワクチンを打って引取りの日を待っています。
そのぐらい、余裕がないのです。

貴方の連れてきた猫のせいで、保健所で待っている猫が処分されてしまう事になるか、
もしくは、あなたの猫が処分されるか…

相手の都合も聞かずに、置き去りにしていくのはいかがなものでしょうか?

後日、再犯防止の為にインターネットで監視できるカメラを設置することにもなり、
貴方の行為は、たんぽぽの里の保護猫の医療費や、維持費にも、迷惑をかけています。

この2か月間で、私個人の建て替えも50万近くなり、
保護活動を控えなくてはいけないかもという現状の中で
許し難い行為です。

金曜日3時には相模原市に収容された動物は平塚のセンターの搬送されます。
その後、その猫が保護されるかどうかは、時の運としか言いようがありません事を
本日すてられた方々は重々ご承知おきください。

現在、他の猫と一緒にすることはできないので、
中型ケージに入れてあります。
蚤取などもしてるかわからないので、布で覆っている状況です。

写真は
http://photozou.jp/photo/show/945104/130857342
こちらから・・・

連絡をくだされば、とりあえず相談のうえ、対処をしたいとは思いますが
現状のままですと、私はセンターにワクチンをして待っている猫を優先せざるおえません。

猫ちゃんポストはありません〜たんぽぽの里を潰さないで〜(全文転載)

20012年4月18日(水)
記事元:言葉を話せない動物たちからのSOS 〜殺処分される命を救うために〜
記事URL:http://ameblo.jp/inunekodaisuki/entry-11226264133.html

一昨日たんぽぽの里に捨てられた猫さんは
ちゃっぷりんりん

チャップリンのお誕生日に捨てられたそうで…
うちのスッタッフさんがとりあえず名前を付けてくれた。

スタッフさんもブログで、猫さんの事を書いてくれています。

おんず日記

ホリスティックでGO〜!

スタッフさんも書いてくれていますが、
うちに捨てたから幸せになれるものではありません。
急に60匹以上の猫の中にぽつんと置かれるのですから…

ケージレストしていますが、いまだに食事をとりません。
皮下補液したくても、暴れてできません。

私は沢山の猫を保護する時があります。
正直、無茶をするときもあります。
でもそれは、自分の責任の元で行っています。
もちろん、うちのスタッフさんや、ボランティアさんには甘えっぱなしですが…

ただ、成猫においては里親が見つからなければ自分が引き取る覚悟は常に持っています。
その成猫の保護がいま、とまっているのです。

嘘と思うのならば、神奈川県動物保護センターにでも問い合わせてください。
うちにいる猫さんの兄弟猫がまだ1匹、のこっているのです。
キジ白で、猫舎の中でモミモミするような甘えん坊。

なぜ出せないか?
その猫さんの兄弟が入院して、やっと退院。
医療費負担がかかったことや、別のボラさんがその猫の兄弟を出して白血病が発覚。(たんぽぽに来た兄弟は陰性)現状で、2段ケージが開いていないので、その猫さんは保留状態なのです。

自分で看てしまった猫さん・・・
それも兄弟は皆レスキューされてるのに、いまだ助けてあげられないもどかしさをかかえているなかでの、この遺棄です。

何処の団体、個人ボランティアは動物遺棄のポストは持ち合わせていません。

人間で赤ちゃんポストを作った病院があります。
世間で色々言われましたが、私はその制度に関して、虐待されたり適正な育児を受けられないならば専門の方が見るというのは保育士としての立場からは容認できますが、それは十分なケアーをできる病院や保育のプロが見るからです。環境的にも、しっかりしているとおもいます。

しかしながらたんぽぽの里は、現状でキャパオーバーの猫の保護が続いていること、医療費や、避妊去勢手術、猫のケアーにかかる費用が赤字運営のなかで、やってくる相談をすべて受け入れることはできませんし、保護した人や、飼い主にも、それなりに頑張っていただきながら里親探しをするお手伝いをするといった現状です。

簡単に捨てないでください。
貴方の置き去りにするといったようなことが続けば、たんぽぽの里は間違いなくつぶれます。つぶれないように必死に活動をしています。
光熱費、7万円。フード代約8万円。他医療費で20万。黙っていても44万円が出費されているのです。
1年どうにか持ちこたえましたが、常に、自転車操業で、ひやひやしているのです。
電気代が払えず、2か月分を払う事さえあります。


金曜日には、チャップリンリンは、保健所に引き取っていただくことになります。
それまでに、飼い主または、ホームヘルパーの方は連絡をください。

連絡がない場合は、私は、たんぽぽの里の95匹の猫を守るために苦渋の決断をしなくてはなりません。
すべての猫が助けられるわけではありません。

遺棄された猫のチャップリンリンとたんぽぽの里のスタッフ (全文転載)

2012年4月18日(水)
記事元:言葉を話せない動物たちからのSOS 〜殺処分される命を救うために〜
記事URL:http://ameblo.jp/inunekodaisuki/entry-11226788204.html

ちょこママの怒りがスタッフみんなに浸透しているのですが・・・
何かが違うぞ〜

そうなんです。
ちょこママは、今回の件はきっちり落とし前をつけてやる〜と思っておりまして…
センターに行っても仕方ないかな〜と思ってもいるのですが…

センターで待っている猫さんを優先させたいから…

町田の102匹の猫も保護したいし…

心の葛藤があるのです。

捨てたもん勝ちっていうのが、許せないんです。

チャップリンリンがご飯を食べていないことを聞いたスッタフさんは
今日来る日でないのに、猫さんが好きなご飯を購入して届けてくれたり…

他の猫さんが怖いみたいだからと、布をかぶせてあげたり…

ウエットフードを変えてみたり…

「ちょこママ!!保健所連れて行くなら、もうここに手伝い来ませんよ!」とチョコママ叱られる始末。

いったん保健所に行ってその横で、引き出しますか?

こんなに引きこもってるのに、連れまわすの良くないです。

などなど…チャップリンリンを守るために必死なスッタフさんや、ボランティアです。

私を知っている方は、もちろん、警告として記載しているような事をしないと重々承知しているでしょう。

それでも今回こんな強気発言をしたのは、その猫の為に助けようと思っていた猫が助けられなくなるかもしれないという事からです。

目の前に猫が来てしまえばセンターで待っている猫さんが待ちぼうけをすることになるでしょう。

センターの猫舎の数はきまっています。

これから引っ越しシーズンで処分される猫、子猫シーズン、出産シーズンで猫舎がいっぱいになってしまえば、押し出し方法で処分されてしまうのです。

それは数日かかる日もあれば、1日でうまってしまう事もあるのです。

センターの猫さん達も、同じように飼い主に捨てられた猫さんで紺秋の猫さんと何ら変わりはありません。
ただ、センターに持ち込んだという事や、処分に出したという事を自分の重荷としてほしいとおもうのです。センターに持ち込むような方のほとんどは、「仕方ない」と安易な方たちばかりですが…多少の罪悪感は持っているのではと思うのです。

ただ今回捨てた方は、捨てたけれどここに預ければ安心といった具合に、よい事をしたくらいに考えているのがどうしても許せないのです。

自分が年老いた時にでも捨てられてしまえ!!とさえ思ってしまうちょこママなのです。

今日、チャップリンリンは中ケージから2段ケージにお引越しをしました。
スタッフのみんなは、チャップリンリンが少しでもくつろげるようにと、必死に設定をして…

ケージを抜け出した大和君からケージを借りて…
移動したら、大和が戻ってきて困惑していましたが、またシェルターの中で遊んでいました。

本当なら、センターの猫さんがそこに入るはずだったのに…と思うと、本当に切なく悲しいちょこママです。

レボリューションをしました。
しっかり噛まれてしまいました。

「慣れないと保健所だよ!!」と冗談交じりに話すと
「そんなことするまえにつれさります」と笑ながらスタッフにかわされ...

チャップリンリン、慣れてくれるといいのだけれど…

センターに電話を入れるのは勇気がいります。
今残っている猫さんがどうなっているか…
20日の町田の話し合い次第で連絡を入れるつもりでいたのに、
ケージは一つやっとあいたのにな〜
そこはチャップリンリンのすみかです。


自分の道理だけを押しとおし、ほかの猫が処分されるであろう重荷を知ることもないだろうが、いつか天蜂が下りますようにと願ってしまうちょこママは、人間ができていなくて、小さいです。

ただ、スッタフ、ボランティアが「ホントに保健所なんてもっていかないですよね!!」と心配するほどに、私の態度はきつく見えたとおもいます

友人で、二人目を妊娠した時に、堕胎をした人がいます。
彼女は一人娘の教育費、生活レベルを下げることはできないと旦那さんを説得して決断をしました。
母親が、自分に宿った命を天に返すには勇気がいります。
正直、私は反対もした。
ただ、10年以上たった今も、その決断をしたことは間違っていないという友人は、罪悪感は消えないとと話をしています。
それが彼女自身の十字架でしょう。

私がもしもチャップリンリンを保健所に連れて行くことを実行したり、これから先同じようなことがあった時に、保健所に連れていくことがあったら、私はその十字架を背負うしかないとさえ思っています。

とりあえず、チャップリンリンはスタッフさんや、ボランティアさんにす〜ごく大事にされております。

その一方で、猫舎で待っている猫がいるという現実を知ってください。
そして、チャップリンリンを捨てた人たちのせいで、その猫さんの命はいつ途切れてしまう可能性が高いという事。

チャップリンリンが悪いわけではありません。
彼女には罪はありません。
彼女は今も怯えています。

悪いのは捨てた奴らです。

巨大食道症のりっちゃん・・・里親募集そして・・・チャップリンリンは今日が期限ですよ!!(抜粋転載)

2012年4月20日(金)
記事元:言葉を話せない動物たちからのSOS 〜殺処分される命を救うために〜
記事URL:http://ameblo.jp/inunekodaisuki/entry-11227928710.html

(前略)
※捨て猫とは関係ない内容でしたので、割愛させていただきました。

追記・・・チャップリンリンの飼い主さん、捨てたホームヘルパーさん連絡がありませんが、このまま連絡がなければ、保健所に連れて行くことになりますがよろしいのでしょうか?

5000円を添えてあった分、まだましなのでは…といったメッセをくださった方がいましたが、
5000円を添えることで、罪悪感を減らしただけでしょう…と私は思っています。

これが、1万であろうと、10万であろうと、100万であろうと私は、たんぽぽの里にチャップリンリンを捨てた奴をゆるしません。
命をなんだとおもっているのか!!

言葉が過激になりますが、まともな死に方だけはしてくれるな!!

と、思うちょこママです。

チャップリンリンと多頭猫レスキュー撤退に関してのお知らせ(抜粋転載)

2012年4月21日(土)
記事元:言葉を話せない動物たちからのSOS 〜殺処分される命を救うために〜
記事URL:http://ameblo.jp/inunekodaisuki/entry-11229655308.html


※以下、チャップリンリンに関係ない内容は割愛してあります。

(前略)
チャップリンリンは、たんぽぽの里のシェルターで
大切に接しています。

強気発言で、皆さんにご心配をおかけしてしまったこと
本当にごめんなさい。

ただ、あのまま猫を置き去りした方がノウノウト暮らしていくことが許せなかったのです。
スタッフの中にも、連れて行かないでくださいという人もいたり、
白血病かもしれない猫さんを預かってもいいから、チャップリンリンのケージを開けないでください・・・と、絶対私が持っていくと思った人もいたし、
センター連れって行き、お金払ってひきだすんですか〜猫振り回してかわいそうですよ...ちょこママ、はったりかましてるとこちらの心の中を見透かしていた人もいました。

皆様には、本当にご心配をおかけしたことこの場をお借りしてお詫び申し上げます。


ただ…
昨日、一昨日と大忙しの私に1通の速達が届いていたようです。

そして、今日それを読み、私は悔しくて悔しくて怒りを通り越し泣いていました。



この猫には、行場所がないので、病院で楽に殺してくださいと1万円が添えてありました。。
というものでした。

シェルターに手紙忘れたんで、明日、記載しますね。


すてたひとは、当初、助けたいという想いでうちに頼ったのでしょう。
でも、かってにすてるなんてと、私にぼろくそ言われて逆切れ?


なんであたしが、病院に殺しに行くん?

病院に1万で安楽死できると聞いたら、通常3万から5万です。とぴしゃり。
っていうか、「いままでしたことないし・・・・(後略)

動物病院で楽に殺してくださいって何?(全文転載)

2012年4月22日(日)
記事元:言葉を話せない動物たちからのSOS 〜殺処分される命を救うために〜
記事URL:http://ameblo.jp/inunekodaisuki/entry-11230977972.html


猫を捨てた人から速達が届きました。


お年寄りの入院期日が迫り、沢山の猫を助けてきたたんぽぽさんにやむにやまれぬ臣で猫を置いてきてしまいました。
沢山の命を救ってきたことだけに重点を置いて順番に保護するというそちらの事象も知らず、かわいがってくださると思い置いてきました。
本当に申し訳ありません。私は何も知識もなくて、保健所で殺されるというのはとても苦しむと聞いています。
同封のお金で、病院で楽に死なせてください。
その猫は行き場がないのです。
ワクチンとのみはやってます、本当です。(3か月前です)
よろしくお願いします。

たんぽぽさんへ…





といった内容です。

ちょこママもtontonも泣いてしまいました。

きっと、ブログを見ていたのでしょうね。

私の処分に持ち込むという事を聞き、自分は2回目の手紙でも名乗らず…
病院で楽に殺せと…・

貴方に聞きたい。

貴方は、この猫を助けたかったのではないですか?

私にぼろくそ書かれて、逆切れでもしたのでしょうか?

なぜ私が、安楽死に立ち会わなければならないんでしょうか?

私は、安楽死をしたことが1度だけあります。
それは、里親さんのお宅できちんとした医療をかけてもらえず
腎不全から尿毒症併発。
下半身まひ、失明、けいれん発作を繰り返し、
膀胱麻痺、脱糞。
最期の数日の日は、強制給餌すら受け付けず、
ただただ不安な空を抱きしめてあげているしかありませんでした。

獣医から安楽死をと言われて1週間。
猫を楽にしてあげることも飼い主の優しさであり、
飼い主がしてあげられる愛情ある苦しみからの解放ですよと諭され、
腕の中で安楽死をしていただきました。

安楽死は、人間の都合でする事でないと私は思っています。

ですから、私は今回のような、
私がセンターに連れて行きますよ!!
飼い主さんや持ち込んだ方に強く、名乗り出てほしい。
話をしましょうと訴えたはずです。

預けるにして…
もう見ないでそのまま放棄するのではなく、
命に対しての責任として、
時間のある時に、シェルターに手伝いに来たり、
ちゃっぷりんりんのこれから里親が決まるまでの間にかかる費用の負担の事も話し合いたかったし・・・

猫1匹。されど猫1匹です。
保護するには費用が掛かります。
そんなことも分からないのでしょうか?

無責任極まりありません。

自分は、やむにやまれずおいてきた。
うちにおいて来ればかわいがってもらえると思った。
センターで処分されるくらいなら、私に殺せと…

逆切れですか?
貴方がこのちゃっぷりんりんを助けようとしたとかいうけれど、
その最初の気持ちただの偽善という事が今回の手紙でよくわかりました。

自分の行動に名乗ることもできず、責任もとれない。
最低な人間とおもいます。

猫を拾って、ペット不可住宅に住み、
生活保護を受け、さらにミルク飲みの子猫を拾った方が昨夏おりました。
彼女は、たんぽぽの里の規定の預り代を払う事はできない状況の方でした。
でも、その分シェルターにお手伝いに来てくださりました。
里親に行った今は、お客さんとして、たまに顔を出してくれています。

病院で楽に死なせて・・・・
そんな方法はありません。

弱っていた空でさえ、静脈から薬が入った時に、びくっと体は震えました。
動いている心臓を止めるという事。
楽な死に方ってなんですか?

たんぽぽの里のスッタフは、本当に優しい人たちばかりです。
この手紙にどんなに傷ついたことか…

そして、このブログを通して、沢山の方がちゃっぷりんりんの行く末を案じてくれたか…

捨てた貴方の優しさは見せ掛けだけです。


ちゃっぷりんりんは、まだ、シェルターの中の生活に慣れていません。
そんなちゃっぷりんりんが、ゆっくりとした生活ができるように、どうか読者の皆様、お力を貸して下さい。
ちゃっぷりんりんが、ゆったり暮らせるおうち探しのお手伝いをお願いいたします。

そして、ちゃっぷりんりんの定員分のセンターの猫さんは引き出しました。
白血病でした。ですが、とても甘えん坊です。
ケージ管理になっております。
1匹飼いや、白血病のワクチンを済ませている猫さんとのくらし、白血病の猫さんのお友達としてうけいれてくださる里親様はいないでしょうか?

写真アップ、がんばります。しばしお待ちください。


たんぽぽの里の子猫さん…
本日、金曜日に保護した74グラム、82gの仔にゃんが、低体温から一時は復活しましたが、授乳力が低下して亡くなりました。
兄弟の78gの仔にゃんは、カテーテル授乳で、ミルクを飲み育ってはいますが、厳しい状況です。
1度の授乳が2ccです…^^;

現状で仔にゃんこは、
あっこのおうちに、白猫さんのへその緒付が4匹
エレライさんのおうちに目の明かない5匹
いやしんの里親さんでうちのスッタフのおうちに親子猫計6匹仔にゃんは生まれたて
Leiさんのおたくに生後3週の4匹

ここまでで、19匹+母猫

そしてちょこママのおうちに
生後4週。4匹離乳開始。(カルカンパウチスープタイプが食べれるようになっていますが、まだミルク併用)
生後3週。3匹
生後3週。6匹
生後1週。2匹
未熟児。1匹(79グラム)生後4日。
計16匹

虹の橋へ…
4匹。


現状、トータル35匹の乳飲み子がおり、ちょこママはじめスッタフの皆さんが懸命に育てております。
ミルクの消費がとてもはやく、森乳のワンラックキャットミルクがすごい勢いで消費され、現状でこのシーズンが始まり、14缶目に突入です。
森乳ワンラックキャットミルク、ウエットティッシュ、やわらかいティッシュ、フリース、ユタポンが大変不足しておりますので、ご協力ください。

ワクチン接種、避妊手術が続いております。
支援金へのご協力もどうかよろしくお願いいたします。